新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」

今日は、私たちのカラダを作る「たんぱく質」について、スタッフほなみがお話いたします!

 

太りにくいカラダ作りに欠かせないたんぱく質

 

タンパク質

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たんぱく質は筋肉・内臓・皮膚・爪・毛髪など
人の体のいろいろな部分を作るのに欠かせない栄養素で、
主にアミノ酸からできています。
たんぱく質は、「動物性たんぱく質」と「植物性たんぱく質」の2つに分類できます。
「動物性たんぱく質」は肉類・魚介類・卵・乳製品など動物性の食品に、
「植物性たんぱく質」は豆類・穀類など植物性食品に多く含まれています。

消化されるとアミノ酸に分解され、筋肉や内臓、皮膚などの材料となり、
たんぱく質や酵素などが体の中で作られます。

【たんぱく質の働き】
人体は水分を除くと約半分がたんぱく質で、
筋肉などをつくる主成分となります!
たんぱく質は約20種のアミノ酸で構成されています。
肉・魚・植物性など食べ物によってアミノ酸の構成が異なります。
必須アミノ酸は、体内で合成できないので食物から摂る必要があり、
筋肉を修復させるため、すなわち筋肉づくりに重要なのです。
トレーニングをしている人には不足しがちになるので、
プロテインの摂取は有効で効率もよいです!!!

【低カロリーで高タンパク質な食品】
鶏ささみ
脂身の少ない赤肉


マグロ赤身
納豆
豆腐
枝豆。。。

などをたっぷり取り入れて、引き締まったカラダを手に入れましょう。

脂肪の多い牛肉などは、セルライトのもとになりやすいので、ご注意を。

新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」 PAGETOP