新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」

食べる順番と血糖値には関係性があって、

急激な血糖値の上昇は太る原因と言われています。
食べる順番を変える事によって血糖値の上昇が緩やかになるのでダイエットに効果的だと言われてます。

食べる順番

今日は、

食べる順番と痩せ体質の、深いい〜関係

 

を、福島がお伝えいたします^^

 

では、どういう順番で食べたらいいか?

まずは、野菜、海藻、きのこ類など食物繊維が豊富なものを食べます。
お味噌汁などのスープもここで飲んでしまいます。
でも、芋類、大豆以外の豆類、かぼちゃ、とうもろこしなどは糖質が多いので主食と同じでここでは食べないので注意が必要です。

スープとサラダを先に

次に肉、魚、大豆などのタンパク質メインのおかずを食べます。

ヘルシー

そして最後にご飯、パン、芋などの炭水化物を食べます。
かぼちゃやとうもろこしも食べるとしたら最後です。
初めに食物繊維が豊富な食品を食べることで、腸内での糖質の吸収を緩やかにして血糖値が上がりにくくなります。
食欲や体重抑制の働きのあるインクレチンというホルモンの分泌が促されるからです。
これはご飯を食べた後にキャベツを食べたのと、キャベツを食べてからご飯を食べたのとでは血糖値の上昇に1時間の差があったという実験結果も出てます。
血糖値には低血糖と高血糖があります。
食事をする前はお腹がペコペコに空いているため、血液中の糖は少ないです。
これが低血糖です。
食事をすると、体に糖分を取り込むので血液内の糖の値は増えます。
これが高血糖です。
低血糖状態だと、体の脂肪を分解して糖を作ろうとします。だから痩せやすいのです。
でも、高血糖状態だと、脂肪を分解しなくても血液中に糖はあります。だから太りやすいのです。
ずっと低血糖の状態にしておくのは危険ですが、食べる順番に気をつけて急激な血糖値の上昇を防ぎ痩せやすいカラダ作りをしましょう。

 

痩せやすい体質へと変化させるには★

シークレットハンドのコースを是非ご利用ください。↓↓↓

トリプル溶解スリムコースの詳細はコチラ>>

新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」 PAGETOP