新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」

過ごしやすい季節となって来ていますが、皆さん!体調はくずしていないですか??

今日は、老化防止!ガン、病気予防!シミ、しわ予防にきく

 

ファイトケミカルの力

 

を、今井がお伝えいたします。

 

ファイトケミカルは野菜や果物などの植物が持つ化学成分です。

注目されている作用は、「抗酸化力」です。
私たちの体の中では、日々代謝が繰り返されていますが、その副産物として活性酸素が発生しています。活性酸素は体の錆びにたとえられ、肌のシミやソバカス、その他さまざまな病気や老化の原因とされています。
ファイトケミカルには強い抗酸化力・抗菌作用があり、活性酸素をやっつけてアンチエイジング、ガンなど多くの病気 の予防に役立つと考えられています。

では、ファイトケミカルにはどんな種類があるでしょうか?。
代表的なものは5種類あります。
ポリフェノール
【黒】緑茶のカテキン
抗菌作用ももつ
【紫】ブルーベリーの色素アントシアニンアントシアニン
目の疲れや視力低下を防ぐ
【緑】ほうれん草やオクラの色素クロロフィル
消臭・殺菌効果や抗アレルギー作用
【黄】とうもろこしの色素ルテイン
紫外線から受ける酸化や加齢に伴うダメージから目を守る
カロテノイド
【赤】トマトの色素リコピン
抗酸化力が強い
【オレンジ】ニンジンやかぼちゃの色素カロテンルテイン
目や皮膚、粘膜の健康、免疫力アップなどの効果

 

 

イオウ化合物
【白】ニンニクや玉ねぎの香り成分であるアリシンアリシン
免疫細胞を活性酸素から守り、がんへの効果も期待される。

 

 

テルペン類
レモンやゆずなどの柑橘類やハーブの香り成分ゆずレモン
リラックス効果や血圧を下げる

 

 

 

グルカン類
キノコ類やパン酵母など
免疫力のアップやコレステロール値を下げたり、腸内環境を整える

代表的なものは上記のものですが、実際には数千種類存在していると言われています。
野菜や果物を各色取り入れていくのが上手な摂取のコツです。

ファイトケミカルは植物しか作り出せない物質なので人間の体内では生成することができません。それらを含んだ野菜や果物を食べることで、植物のちから=ファイトケミカルを摂り入れていきましょう。
また、ファイトケミカルをたくさんとっても活性酸素が多い生活を続けていては効果が現れません。夜更かしや喫煙、ストレスや過労など日頃の生活習慣を見直すことも大切です。

新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」 PAGETOP