新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」

脂質はみなさんもご存知だと思いますが、植物油やマーガリン、肉や魚など様々なものから摂取できます。

高エネルギーなので取りすぎると全身の脂肪細胞にて蓄積されていきます( ;´Д`)

 

今日は、スタッフほなみが

【脂質の役割】についてお話しします!

 

l_img

 

 

 

 

 

☆エネルギー源になる!

☆神経細胞の膜になる

☆脂溶性ビタミンの吸収をよくします!

 

~脂溶性ビタミンをたくさん摂ることのできる食品~

【人参、ほうれん草、小松菜、マグロ、カツオ、ウナギ、サンマ、卵黄、鮭、内臓類、アーモンド、大豆、牛乳、納豆、キャベツ、白菜など…】

 

 

☆脂質が不足すると…

疲労を感じやすくなったり、肌荒れ、便秘、体力低下、免疫能低下、月経異常などホルモンバランスが崩れやすくなります。

 

 

☆脂質をとりすぎると…

肥満、脂肪肝、動脈硬化など健康へ悪影響を及ぼします。

 

 

摂取しすぎると肥満の原因になりますが、不足すると問題がおきるということです!

 

 

しかし、脂質といってもポテトチップスなどのお菓子やジャンクフード、加工食品に多く含まれている”トランス脂肪酸”は食品から摂る必要がないと言われております!

 

 

トランス脂肪酸は脂肪酸が本来持っている役割の機能を持ちません!

 

私達の敵であるセルライトの形成を促進してしまいます((((;゚Д゚)))))))

 

 

~トランス脂肪酸が多く含まれている食品~

【マーガリン、マヨネーズ、ピーナッツバター、ケーキ、アイスクリーム、菓子パン、クッキー、カップ麺、シチューやカレーのルー、ファーストフードやファミリーレストラン系、冷凍食品系など】

トランス脂肪酸

 

 

 

 

 

☆トランス脂肪酸を避けるためには…

原材料表示の中に『マーガリン』や『ショートニング』とあるものは避けましょう。

 

そして良質な油であるオリーブオイルや亜麻仁油、シソ油、生魚、などから摂るようにしましょう!!

新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」 PAGETOP