新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」

こんにちは~!チーフ広瀬です^^

 

 

野菜や果物の皮には病気を防ぐ効果があり、防菌防虫効果や創傷治癒作用、抗酸化作用が沢山あります。

 

 

これはニキビや荒れた肌を治してくれたり、ガン予防にも効果的だそうです。

 

 

では今回は!!

皮付きのまま食べたほうがいい野菜や果物

をご紹介します。

 

 

 

・にんじん

 

にんじんは皮のすぐ下の部分に抗酸化物質が1番あり、免疫力を高めるβカロチンも皮の近くに多くあります。キャロット

 

☆βカロチンは粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果的といわれています。

 

 

 

 

・しょうが

 

しょうがの皮と身の間には、脂肪の燃焼にひと役買う”ジンゲロン”などの有効成分が含まれています。

 

 

・かぼちゃ

 

実より皮やワタの部分にビタミンAにかわるβカロチンを多く含んでいます。

 

 

・りんご

 

3種類のポリフェノールが含まれ、免疫力を高めたり、アレルギー改善・美白効果、高血圧の予防にも効果的です。アップル

 

 

 

 

 

 

 

・オレンジ

 

食物繊維は果肉の4倍あります!

抗酸化、抗炎症、抗がん作用が高く悪玉コレステロールを減らす効果もあります。

 

☆干して陳皮を作って食べれば生で食べるよりビタミンは減りますが十分栄養価がとれます!

 

☆お風呂に浮かべれば血行を良くし全身美肌になります!

 

 

 

・ぶどう

 

ぶどうにはブドウ糖が多く含まれていて素早くエネルギーに変わりますので疲労回復に最適です。

また、”ポリフェノールの宝庫”と言われ美肌に効く若返りの成分『レスベラトロール』が入っています!

ポリフェノールの一種でシワやシミの原因になる活性酸素を消してくれる優れものです。

効果を引き出すには皮ごと食べることが良いそうです!

 

☆皮ごと食べてお腹を壊す場合がありますので、10粒程度にしましょう。

 

 

 

 

このように野菜や果物の皮には様々な栄養素が含まれています(*^^*)

皮ごと摂取することによって、皮に残ってる農薬などを気にされる方が多いと思いますが、残留農薬は食材の表面に多く、時前に流水で流しこすり洗いすることで、約90パーセント以上の残留農薬を除去することができると言われてます!

 

是非、皮を捨てずに食べたりお風呂に入れてみてください!

みかんの皮お風呂

新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」 PAGETOP