新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」

痩せるための食事とは、質と時間です!!

 

私たちの体には、

BMAL1細胞、別名 肥満遺伝子 というものが、常に分泌されています!

その働きは・・・

食べたものを、脂肪にたくわえようとするものです。

以下のグラフを見ていただくとわかるように・・

時間帯によって、分泌量がこんなにも違うのです!!

昼の12〜15時が1番少ないので、比較的好きなものをたべても安全といえます。

が!!夕方から深夜2時までにかけて、すごい量が増えます!

ですので、1番分泌されている夜22時〜2時の間は、1番脂肪に蓄えられやすいのです。。

BMAL1細胞肥満遺伝子

 

 

 

 

 

夜、お菓子やご飯・パンとかとらない方が良いのは、そのあと動かないから、という意味もありますが、

細胞の働きで、理論的に見ると、さらに怖くなり、高カロリーなものはとりたくなくなりませんか( ;´Д`)??

 

痩せる食事をするには、

体のこと・正しいメカニズムをきちんと知って、理解したうえで習慣化することが大事だと思います^^

 

なので、どんどんメカニズム系のお話を、盛り込んでいきますね!!

ダイエットを楽しく!より理解し効果的にしてまいりましょう⭐︎

新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」 PAGETOP