新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」

正しく摂って中からキレイに。

今日はダイエットに効果的な水の飲み方を、チーフ東がご紹介します!

水分補給が重要なのは夏だけではありません。水分は常に身体の中を循環して、人の健康を維持しています。

 

★身体の中での水の役割

 

1、栄養素の運搬やタンパク質の合成

体内の水は細胞外液、細胞内液、細胞間液に分かれていて、それぞれ働きが違います。

 

細胞外液は血液を通して細胞内への栄養素の運搬や老廃物の排出を、細胞内液はタンパク質や酵素を作ったり、ホルモン分泌を行ったりしています。細胞液

 

 

 

 

 

2、体温調節

体温調節を行っているのは身体の水分です。

暑くなると血流量を多くし皮膚温を上げ、汗を蒸発させることで体温を低くします。

一方、寒いときは血流量を抑え、皮膚温を低くし体温が外に逃げないようにします。

寒いところで手足が冷たくなるのは、身体の体温を保とうとしているからなんです。

 

★どれだけの量の水が必要なの?

体内の水分は、なんと1日で約2.5リットルも失われていきます。

1.5リットルは尿や便での排泄、0.5リットルは不感蒸泄といって、知らない間に毛穴から蒸発している水分、あと0.5リットルは呼気から水蒸気として出ていきます。ただ、1日に失われる水分量には個人差があります。

水分は身体の60%を占めています。ということは体重によって個人差があることは当然。

 

1日に必要な水分量は

 

必要水分量=体重×35ml

ただ、これは安静にしていても必要な水分量なので普通に活動するならプラス500~1000mlは必要です。

 

★症状別、効果的な水の種類と飲み方

ダイエットには硬水がオススメ

硬水は軟水に比べミネラル占有量が多いのが特徴です。

主にカルシウムとマグネシウムが入っています。そしてこの2つの成分がダイエットには重要なのです。

カルシウムは骨を作るだけでなく、全ての細胞を活性化させる働きがあるため代謝がアップします。

マグネシウムには整腸作用があるため便秘の改善が期待できます。

 

冷え性や肩こりには炭酸水!!

炭酸水を飲むと、血中の二酸化炭素濃度が上昇します。tannsann

そうすると、身体が酸欠状態だと勘違いし、血流量を増加させます。すると、冷え性や肩こりの改善が期待できます!

 

★大事なのは少しずつこまめに飲むこと

こまめに飲むことで、身体が水分不足になることがなく、新陳代謝がアップします。

なかでも、絶対に飲むべきは就寝前と起床後です。血液がドロドロになるのを防いでくれます。

 

中も外も健康でキレイな身体を作るなら、まずは水の種類や摂り方を気をつけてみるのがいいかもしれませんね。是非、色々と試してみて下さい!

 

新宿の痩身エステで【満足度No1】の「シークレットハンド」 PAGETOP